ハンゲショウ - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハンゲショウ

なお、生薬の「半夏(はんげ)」はカラスビシャクから採れるものであり本種と は関係がないが、本種と開花時期が重なることから名前の由来にかかわりがある とする説もある。 参考文献[編集]. 池原直樹『沖縄植物野外活用図鑑 第4 ...

節分 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/節分

節分(せつぶん、せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・ 立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」こと ... 大本では「 鬼は内、福は内」と言い、花の咲く生豆を投げる。 艮の金神(=鬼)が復活した と ...

コウホネ - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/コウホネ

コウホネ(河骨、学名 Nuphar japonicum)は、スイレン科の植物である。水生の 多年生草本。浅い池や沼に自生し、夏に黄色い花を咲かせる。 ... 堂出版、2005年 3月20日、123頁。 ISBN 4-415-02979-5。 金田初代『季節・生育地でひける 野草 ・雑草の辞典530種』金田洋一郎(写真)、西東社、2013年6月5日、211頁。

ナス - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/ナス

栽培時期は晩春から秋まで(5 - 10月)で、栽培適温は15 - 28度とされる。早い ものは初夏(6月ころ)から収穫が始まり、夏に切り戻せば秋まで実がなる。

解夏 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/解夏

解夏』(げげ)は、2002年に刊行されたさだまさし著の短編小説集、またその 表題作。表題作「解夏」は2004年に映画化(後述)、また『愛し ... 地元長崎の街 が好きで、その場所ごとに見られる季節の花などを知っている。 朝村陽子(とも  ...

ツワブキ - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/ツワブキ

ツワブキ(石蕗、艶蕗、学名:Farfugium japonicum (L.) Kitam.、シノニム: Farfugium tussilagineum 、Ligularia tussilaginea )は、キク科ツワブキ属に 属する常緑多年草である。海岸近くの岩場などに生え、初冬に黄色い花を 咲かせる。

シュウカイドウ - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/シュウカイドウ

夏から初秋にかけて草丈 70cm 前後に生長し、扁心形で左右非対称の葉を互生 させる。この葉は長さが 20cm 程度と大きい。葉にはシュウ酸が含まれる。 花期 は 8 - 10月。花期 ...

半夏生 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/半夏生

この頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)と言い、大雨になることが多い。 地域によっては「半夏水」(はんげみず)とも言う。 目次. 1 ...

アマナ (植物) - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/アマナ_(植物)

季節[編集]. 春の花の中でも特に早く咲くもののひとつである。新春に葉を伸ばし 、それから花が咲くと、葉は夏頃まで残る。周囲の草丈が高くなると埋もれて しまう。いわゆるスプリング・エフェメラルの型に入る植物で ...

ヒメジョオン - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヒメジョオン

花の時期は初夏から秋にかけての5-8月である。また、花弁の白い部分がやや紫 がかる個体が見られることもあるが、これは清浄な空気の中で育った時に ...

検索結果